青臭くない青汁

健康のために青汁を飲むことにしました。

でも私は青臭いものが大嫌い。

だからずっと野菜不足を気にしてはいたけど、飲むことに踏み切れずにいました。

でもテレビコマーシャルでもよくやってるので、お試し価格だしとりあえず注文してみようと思い電話してみました。

するとすぐに届き、今日早速飲んでみました。あれ!?青汁なのに・・・・青臭くない。勝手に青臭いと思い込んでいただけみたいです。
勇気を振り絞って注文してみてよかったです。

はちみつ入りの青汁を買ったんですが、はちみつが入っているからかちょっぴり甘い。
これって黄な粉!?と思う感じの味でした。普通の黄な粉よりちょっと甘い感じ。

黄な粉は粉っぽいけど、もちろんこれは飲み物でさらっとしてます。ちなみに1本で100から150mlの水等で溶いて飲むのですが、私は間を取って120mlのお水で溶かしました。
黄な粉は好きなので、なんか続けられそうです。ホント青臭くないのにびっくりでした。

名前も「青汁」だし色も青々しているし・・・・
でも味は全然違う。もし私みたいに青臭いのが嫌いで躊躇している人がいたら是非是非オススメです。飲んでみてください。

永久脱毛!?脱毛!?どう!?

最近の永久脱毛って、5回くらい通えば永久脱毛出来るの!?最近の永久脱毛って、わりと回数少なめで出来るのですね!!私は10年くらい前に、ワキを永久脱毛したのですが、その時は1年くらいはサロンに通っていました。最初は回数もたくさん行って、最期の方は少なかったですが、最近ちょっと脱毛のことを調べていたら、最近は5回くらい通うだけで永久脱毛出来るところもあるみたいです!!期間にすると半年くらいだそうです・・・

それって、きっと10年前より脱毛器機が優れものになったということなのでしょうね。私は、その10年前に脱毛で毛の処理した時はレーザー脱毛だったのですが、今はフラッシュ脱毛とかもあるのですよね。

夏

どちらがいいのでしょうか・・・実は最近、ワキ以外のところも、ちょっと脱毛したいと思っているのですが、半年で出来るとすると今はじめたら、ちょうど来年の夏頃にはキレイになっているので、今がチャンスかな!!と思っています。ネットで脱毛のサロンやクリニックのホームページを見ていると『今、脱毛をはじめるにはいい時期!!』って書いてあるところが、結構多いです。

永久脱毛している間は、毛を剃らずに生やしておかないといけないし、だったら服で肌がかくれる冬の時期に始めておくのが一番いいのかもしれないですね。
家庭用脱毛器は永久脱毛じゃないと言います。
(参)家庭用脱毛器 ケノン
だけど気軽さと言う面では良いかもですね。

急なプールのお誘いで、脇の処理に焦りました

学生時代、今からプールに行こうよ! と友人に誘われ、脇の処理に手間取った事があります。友人は近所に住んでいて、プールも家からそう遠くない距離です。少し待ってと言おうとしたのですが、電話から聞こえる友人の声は早口で、夏の暑さとプールへの期待にテンションが上がりきっています。腋毛がどうとか言っても通じはしないでしょう。どうにか10分だけ猶予を貰うと、急いで脇の処理に取り掛かりました。

クリームが近くに無かったため、代わりに塗ったのは化粧水です。保湿成分が入っているし、なんとかなるだろうと思っていました。急いで処理を終えたものの、脇はちょっと赤くて荒れ気味です。しかも金属負けをしたのか、ちょっとかゆい感じもします。夏休みなのだから脱毛しておけばよかった、と思っても時すでに遅しです。

プールで泳いでいる最中は、誰かに脇を見られていないかと少し気が散っていました。生まれ持った女子力の差か、対照的に友人の脇処理は完璧です。

帰宅後は、ずぼらな生活態度を反省すると共に、脱毛について強い興味を抱きました。友人と、家でも出来る脱毛や楽な脱毛方法について語り合ったのはいい思い出です。

子供とのふれあい

最近仕事が忙しくて中々子供と触れ合えていないなぁ・・・って感じがする。まぁ、仕事も大事だから仕方ないとは思うけれど・・・
そんな中にあっても子供は日を追うごとに成長しているから・・・

その成長を見逃すのは勿体無い気もする・・・今の私には、悲しいかな子供たちをゆっくりと見る暇がないんだな・・・
一般的に、一番かわいいといわれる時期だけになんとももどかしい・・・
でも、仕事頑張らんといけないし。。。

ま、何事も完璧にはいかないよね・・・でも、仕事が落ち着いたら・・・
目一杯遊ぼうと思う今日この頃であります。

しつけ

ガスコンロの近く・・・いろんな意味で危険が多いので小さい子供には絶対に近づいてほしくない場所・・・
でも、生まれたばかりの子供にはガスコンロが危険だなんていう知識は当然ながらない・・・。

だからハイハイし始めて最初の内はガスコンロの方へいこうとよくしていたものだ・・・
でも、今はまず行こうとしない・・・。それはなぜか・・・?

これはしつけの賜物だと思う。ガスコンロの近くに行こうとするたびに面倒くさがらずにきっちりしかってきた。
他の事ならば大目に見ることもあるのだが、息子が危険にさらされる・・・しかも息子はそれを知らないとなれば、息子のためを思い、心を鬼にしてきっちりしからなければいけないと思ったのだ・・・・・・

しかしながら子供は、他方でやってはいけないことに興味を持つという習性もあるようだ・・・
でも、根気強くしかっていたら、近づかなくなった・・・

これはまさにしつけの賜物・・・と喜んでいるところではあるのだが・・・ここで単純な疑問が・・・

・・・『なぜ、子供はガスコンロに近づこうとしなくなったのか・・・?』

怒られるということは、生まれながらにして嫌なものなのだろうか・・・それが人間の本質なのだろうか・・・?

結果的に怒られるのが嫌でガスコンロに近づこうとしなくなったわけで・・・おそらくこれをしつけと呼ぶのだろう・・・

でも、もし人間が生まれながらに怒られるのが好きだったらどうなのだろうか・・・?

しつけができないのではないか・・・?

人から嫌われるのが好きならば、しつけをするには、まったく逆の手法を用いなければならないのではないか・・・?
子育ては色々な角度から行わないといけませんからね。

とりあえず、現段階では息子はそういったことはなさそうなのでホッとしているが・・・・・・・

まぁ先述の例外は少し置いといて・・・人は本質的に『人は怒られるのを嫌う、嫌われることを嫌う。』で間違いないのではなかろうか・・・?

この辺をきっちり理解していると、人付き合い、そして会社においては上司、部下のコントロールも楽になるのであろう・・・飴と鞭って奴だな・・・

求めるもの

コスメに限らずインターネットなどで購入する現物を見ないものはだいたい口コミを見ます。
やはり買った人、使った人、食べた人の感想は重要な要素です。
しかーし、なかなか好みや感じ方には個人差があります。
100人いれば100人が違う感じ方をします。
だからそこを踏まえて考えるとこの口コミは迷いを助長させる部分もあり悩ましいのです。

マスカラに関して言えば、私はつけまつげをしないので、一般的な意見の人とは異なるかもしれません。
私が重視したい部分と他人の重視したい部分が違うことが多いいわば、変わり者の私。

口コミが参考にならないことの方が多いのかもしれません。
でも他人が絶賛しているものはついつい買ってしまいたくなるというミーハーなので、、、失敗も多いです。

マスカラで一番重視するのは、塗ったあとすぐに乾くかどうかとクレンジングがお湯で簡単に落ちるに限ります。
欲を言えば、カール力とボリュームですが、ここにこだわっていいマスカラ(私にとっての)に出会ったことがありません。
ちなみに私のナンバーワンはやっぱりランコム!!